F.A.Q. よくある質問

Welcome/ News/ F.A.Q./ TranslatedManual/ Shopping/ Shop/ About/ History/ Links/ Contact/        Voice

キース・バンジョーチューナーの取り付けとセッティングについて

取り付け方法:

1. 先ずあなたのバンジョーの第2・第3絃をはずし、それぞれのペグを取り外して下さい。次に二つのキース・チューナーを見比べて頂くとスプール(絃が巻かれる場所)の太さが異なる事にお気付きになります。

2. スプールの太い方のキース・チューナーが第2絃用です。                              6角形のナットワッシャー(座金)を取り外してからヘッドストックの穴にキース・チューナーを差し込み、チューニング中に 二つのサイド・サムスクリューにあなたの左手が楽に届く位置にキース・チューナーの方向をセットしてください(註:ヘッドストックを背面から見て黒色のサム・スクリューが6時の方向即ちネックと平行、無色は3時の方向即ちネックに対して直角方向が扱い易いようです)。  方向が決まった所でワッシャーナットを付け直して、しっかりと締めます。

3.   スプールの細い方のキース・チューナーは第3絃用ですから、2.と同様にして、取り付けて下さい。

注意事項: ナットを締めるときは歯型がなめらかでサイズ調整可能な(モンキー)レンチを使ってください。プライヤーは金属に傷をつけたり、滑ってヘッドストックを傷つける恐れがあります。 もしもヘッドストックの穴がキース・チューナーを差し込むには小さすぎる場合は、専門の楽器店で穴を広げて貰う事をお勧めします。

セッティング: 1. 両方のキース・チューナーサイド・サムスクリュー合計4個すべてを半回転ゆるめます。キース・チューナーは一般のチューニング・ペグと同じように作用します。さあここで第2第3絃の取り付けに入ります。

2. バンジョーをオープンGにチューニングしてください(第2絃=B, 第3絃=G)。ここで黒色のサイド・サムスクリューをしっかり締めてください、こうすることで高い方のストッパーがセットされました。 次に第2絃を(Bから)A に落とし、第3絃はF#(F シャープ)に変えます(これでバンジョーはオープンDにチューニングされました)。そこで次に無色のサイド・サムスクリューをしっかり締めます。 こうすることで低い方のストッパーがセットされました。これでキース・チューナーはD-チューナーとして作用し、高低のストップを超えることはありません。

Welcome/ News/ F.A.Q./ TranslatedManual/ Shopping/ Shop/ About/ History/ Links/ Contact/        Voice

3 .もしもペグ・ボタン(ツマミ)が演奏中に廻すには都合の悪い角度にある場合は、ペグ・ボタンを固定しているエンド・サムスクリューを緩めて取り外し、シャフトからペグ・ボタンを一旦抜き取って下さい。シャフト及びペグ・ボタン双方にギヤーが刻んであり、ペグ・ボタンがハマる位置は6方向ありますから、一番都合の良い角度になるところにボタンを入れ直して下さい。それからシャフトにボタンを元の様に押し込み、エンド・サムスクリューを元どおり締めなおします。

注意事項 以上の解説は、前提として絃がスプールに正常な形で巻かれていると想定して書かれています。つまり第2絃のピッチをあげるには(ヘッドストックを背面から見た場合)チューナーを時計と反対方向に廻せばよく、また第3絃のピッチをあげるにはチューナーを時計と同方向に廻すことで上がる という前提にたっているわけです。 もし絃巻き方向が上記と反対の時はサイド・サムスクリュー(黒色と無色)を入れ替える必要があります。

(註: サムスクリューサイドエンド共に2本指で扱うもので、プライヤー等の工具はお勧めできません、唯エンド・サムスクリューにはコイン・スロットが刻み込まれていますが、これは締める為ではなく締め過ぎたものを緩める場合のみにコインを使う為のもので、間違っても ドライバー等の工具はお避け願います)

キース・バンジョーチューナーの取り付けとセッティングについて

重要なポイント: *ストッパをセットする時、常に最初に上限の音をチューンアップしてセットしてから、チューンダウンして下限の音をセットすること。つまり上のストップはチューニングを上げた位置でセットし、下のストップは下げた位置でセットする。

*上記以外の方法でチューニングしても構いませんが、高い方の音は黒色のサム・スクリュー でセットすることを覚えていて下さい。

*もしも高い方の音が少しフラット気味に立ち上がる場合は、絃がナット又はブリッジに引っ掛  かっていないかどうか確かめてみてください。 この場合絃がスムーズに滑れるように絃が通  る溝の形を小さなナイフかカッターで少し削る必要があるかもしれません。亦、スベリをよくする為に溝に鉛筆の芯を削った粉を少しいれてみても良いかと思います(御自分で調整なさる場合は先ずこの方法が安全です)。

*セッティングの完了後チューナーがスリップする場合は、ペグ・ボタンの摩擦抵抗を加減しているエンド・サムスクリューを指で締めてみて下さい。

*使い込む迄はチューナーから、少し油が滲み出るかもしれませんが御心配は無用です。 工場で出荷を待つ間チューナーはグリースで保護パックされていますので、油が滲み出るの は正常なことですから只拭き取ってください。

*無理やり上限下限ストップを越えて廻さないで下さい、内部損傷を招く恐れがあります。ストッパーのスベリを防ぐにはサイド・サムスクリューを手できつく締めて下さい。この作業は手で行い、プライヤーは使わないでください。

*チューナーを分解しようとしないで下さい。 チューナーの乱暴な取り扱いや分解行為は製品保証の取り消し対象となります。

*お買い上げのキース・チューナーの組み合わせが 第1と第4絃用の場合は、両方とも太い方のスプールが付いており、ペグ・ボタンに第1、第4とラベル表示されています。

*(手入れなしで)数年使用すると、内部のグリースの乾燥に伴いチューナーが廻し難くなってきます。乾燥を予防するには、サイド・サムスクリューを取り外して、3i n OneOil*(スリー・イン・ワン)やミシン油等粘度のない機械油を注入すれば解決します。キース・チューナーは高度の精密構造の為、常に内部潤滑が必要です。 グリースが乾燥して廻すのが困難になってしまった状態で無理に使い続けるとチューナーの内部機構が破損する恐れがあります。 致命的な状況に陥る前に、完璧な内部クリーニングとグリース入れ替えの為チューナーを当社に送り返して下さい。 尚このサービスには若干のサービス料金がかかります(註: 2007年12月以降日本国内でもこのサービスを始めましたのでお求めの楽器店にお問い合わせ下さい)。

*(註:3i n OneOilとは米国内では余りにも有名で、潤滑、クリーニング及び艶出し等に使われ る最もポピュラーな家庭用多目的の機械油です)

商品永久保証: 製品保証カードに記入して、郵送してください。 キース・チューナーは ご自身でこの商品を御買上げの上登録済みのお客様に限り、材料 または製造品質に関して無期限で製品保証されています。製品の誤用や分解行為がなかっ た限りにおいて、当社は問題のあるキース・チューナーを 当社の判断に基き無償修理又は新品と交換致します。 その他の保証は一切致しません。

キース・バンジョーチューナー取り扱い説明書 日本語版

2007年12月 BEACON BANJO COMPANY, INC., Woodstock.Y.2498,U.S.A.

翻訳権および版権所有者: Scorpion Banjo Service, Tokyo     梅本雄三                           090-7018-9624  yumemoto@sannet.ne.jp 配布要領:             製品所有・使用者に限り無償配布 (複写、転載を禁じます)

Welcome/ News/ F.A.Q./ TranslatedManual/ Shopping/ Shop/ About/ History/ Links/ Contact/        Voice